@あっとコープ利用規定

第1条 目的

本規約は、@あっとコープのサービス(以下、「本サービス」という。)を運営する生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合(以下、「生協」という。)と、@あっとコープ会員(以下、「会員」という。)とが、遵守すべき事項等を定めることを目的とします。

第2条 本規約と他の規約との関係

  1. 生協が、本サービスのサイト上に掲示し、あるいはその他の方法で告知する個別の規約および追加の規約は、本規約の一部を構成するものとします。
  2. 本規約と、個別の規約および追加の規約が異なる場合は、個別の規約および追加の規約が優先するものとします。

第3条 規約の変更

  1. 生協は、第5条第一項に定める会員の承諾を得ることなく、本規約を変更することができることとします。この場合、本サービス上に掲示するかまたは他の方法で告知することにより、その効力が生じるものとします。
  2. 本規約の変更後に本サービスを利用することにより、規約の変更に同意したものとみなします。また、規約の変更について不承諾または不知の申し立ては出来ないものとします。

第4条 通知

  1. 生協は、本サービス上での掲示や電子メールの送付その他生協が適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知します。
  2. 前項の通知は、生協が当該通知を本サービス上に掲示し、または電子メールの送付を行った時点より、効力を発するものとします。

第5条 会員登録と会員登録情報の最新化

  1. 本規約を承認し、本サービスが定めるメールアドレス等必要な情報を提供するなど所定の手続きを完了することにより、本サービスの会員となり、本サービスを利用することができます。
  2. 会員は、本サービスが定めるメールアドレス等必要な情報について、変更が生じた場合は速やかに本サービスにおいて修正を行うこととします。この修正が行われていないことにより生じる、会員の不利益については、生協はその一切の責任を負いません。
  3. 生協は第1項の手続きを行ったものを審査し、以下の事由があると認められたときは、会員登録を取り消すまたは利用できるサービスを制限することができます。
    1. 登録された内容に虚偽があった場合
    2. 現に会員登録を行っているものが、新たに会員登録を行った場合
    3. その他、本サービスを利用するにあたり不適格であると生協が認める場合。

第6条 ID・パスワードの管理責任

  1. 会員は、本サービスを利用するにあたり、そのIDとパスワードを自らの責任で管理することとします。
  2. 会員の責によりIDまたはパスワードが漏洩した結果、生じた会員の損害について、生協は一切の責任を負いません。

第7条 サイトにおけるサービスなどの変更・追加・中止

  1. 生協は、事前に会員に通知することなく、本サービスのコンテンツ、サービスなどの内容を、一部または全部変更、追加、中止することができます。これにより会員に生じた損害について、生協は補償の責任を負いません。

第8条 個人情報の取り扱い

生協は、別に定める個人情報保護方針に基づき、会員の個人情報の適正な管理に努めます。

第9条 宅配サービスにおける返品の取り扱い

本サービスにおいて生協の宅配サービスを利用する場合、会員は商品に瑕疵がある場合を除き、生協が定める注文の締め切り時刻を過ぎて、注文のキャンセルを行ったり、商品の返品を行い返金を受けることはできません。

第10条 禁止事項

  1. 会員は本サービスを利用するにあたり、以下の行為をしてはならないものとします。
    1. IDとパスワードを不正に使用する行為
    2. 事実に反する情報を書き込むこと
    3. 第三者の著作権等知的財産権を侵害する行為
    4. 公序良俗に反する、またはそのおそれのある情報を書き込むこと
    5. 法令、条例等に違反する内容を書き込むこと
    6. 未成年者において、法令、条例等で購入を禁止された商品を注文すること
    7. 特定の団体、人物、製品等への誹謗(ひぼう)、中傷、または名誉を傷つける情報を書き込むこと
    8. ほかの会員および第三者を侮辱、罵倒(ばとう)する情報を書き込むこと
    9. ほかの会員および第三者の個人情報を本人の承諾なく書き込むこと
    10. 本サービスを利用して、営利を目的とする、またはその準備を目的とする行為。ただし、生協が認めたものを除きます。
    11. 選挙活動、政治的活動、宗教的活動、またはそれに類する行為
    12. 本サービスの運営を妨害し、またその運営に支障が生じるおそれのある行為
    13. 本サービスの各サービスにおいて定めた投稿ルールがある場合に、その投稿ルールに違反する行為
    14. サーバーに負担をかける行為および他の会員のアクセスまたは操作を妨害する行為
    15. アフィリエイトのリンクを含む情報を書き込むこと
    16. 公序良俗に反する他のサイトに誘導する行為
    17. オススメコメントに、当該商品と無関係の書き込みを行うなど、本サービス各サービスにおいて、無関係の書き込みを行う行為。
    18. 犯罪に関する情報や衛生管理上の問題など、しかるべき公的機関へ届け出るべき事項に関する情報を書き込むこと。
    19. 本サービスの書き込み可能な箇所に、同一または類似の文章を多数投稿する、無差別に友達依頼をする、無差別に足跡をつけるなど、いわゆるスパム行為。
    20. その他、生協が不適当と認める行為
  2. 前項の禁止事項を行った会員に対して、生協は事前に通知することなく、会員資格の取り消しができることとします。
  3. 前項の規定により会員資格が取り消されたことにより、会員または第三者に不利益、損害が生じた場合に、生協は一切の責任を負わないものとします。

第11条 情報等の削除

  1. 生協は本サービスを運営するにあたり、下記のいずれかの事由に該当する場合、本サービス上の会員の投稿情報を削除できるものとします。なお、これらについて生協はその事実および理由を会員にお知らせする義務を負いません。
    1. 情報の内容が、第10条第1項の禁止事項に関わるものである場合
    2. その他、倫理上、社会通念上、生協がその情報内容の削除が妥当であると判断した場合
  2. 前項の各事由にかかわらず、生協はその削除義務を負うものではありません。また、生協は、本条各項の規定に従い、その情報を削除したことおよびしなかったことにつき、会員または第三者に発生した不利益、損害の一切の責任を追わないものとします。

第12条 著作権等

  1. 本サービスを利用して会員が書き込み・投稿など(以下、「書込み等」という。)を行う場合には、会員は生協に対して、この書込み等を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。会員は、生協に対して著作者人格権を行使しないものとします。
  2. 本サービスにおいて、会員より得られた情報、アイデア等が、新たな商品、サービスに反映された場合、その商品、商標、意匠、特許等の実現に関する権利は、生協に帰属するものとします。

第13条 情報の活用

生協は、生協の各事業の発展を目的として、本サービスに会員から書き込まれた情報、本サービスにおける会員どうしの関係情報、アクセスログなどの情報について、第8条の定めに反しない範囲で、分析、集計、移動、複写を行うことができます。

第14条 第三者サイト等との提携

  1. 会員は、生協が本サービスにおいて、第三者のサイトへ誘導する広告やリンクを掲示することを承認することとします。
  2. 第三者のサイトで提供される商品やサービスに関しての責任を、生協は負わないものとします。ただし、第三者サイトであっても、その商品とサービスが生協自身の事業として会員に対して提供された場合は、この限りではありません。
  3. 会員は、本条第一項に定める広告により、第三者から生協が対価を得ることを承認することとします。

第15条 免責事項

  1. 生協は、本サービスで提供された内容、情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、最新性等いかなる責任も負わないものとします。
  2. 会員は、自らが書き込みをした情報を構成するテキスト画像その他のデータなどについて、必要に応じて自らの責任とで保存するものとし、生協はこれらのデータの保存内容について保証しないものとします。
  3. 本サービスの提供、遅延、変更、中断、中止、停止、もしくは廃止によって、会員または第三者が受けた不利益、損害に対して、生協は一切の責任を負わないものとします。
  4. 本サービスにおいて、その書き込まれた情報、内容等から生じた紛争に関し、生協は一切の責任を負わないものとし、当該会員の自己の責任と費用をもってこれを解決するものとします。

第16条 会員登録の取り消し

  1. 会員は、いつでも所定の手続きにより第5条第1項を取り消すことができます。
  2. 会員が次に掲げる事由のいずれかに該当する場合、生協は事前に通知することなく、当該会員の登録を取り消すことができます。
    1. 電話、FAX、電子メール、その他の方法によっても連絡がとれない場合
    2. 長期にその利用の実態がないと生協が認めた場合
    3. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    4. その他、生協が会員として不適格と認めた場合

第17条 委託

  1. 会員は、生協が、生協の運営に関する生協の業務代行者として生協の任意により選定された委託業者(以下、「委託業者」という。)を指定し本サービスの運営等の一部または大部分を代行させることを了承するものとします。
  2. この場合、生協は委託業者との間に機密保持契約を締結しこれを遵守させるとともに、本規約に定めるのと同等の注意をもって登録情報を使用させるものとします。

第18条 損害賠償

会員は、本サービスの利用にあたり、本規約に違反する行為によって生協に損害を与えたときは、その損害の一切につき賠償する義務を負います。

第19条 管轄裁判所

  1. 本サービスの運営に関し、会員と生協との間で紛争が生じたときは、双方は誠意をもって協議し、解決に努めるものとします。
  2. 前項の紛争を調停・訴訟等の法的手続きで解決する場合には、仙台地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

2016年9月19日施行


付則

この規約の改廃は、生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合の専務理事が行います。